老人ホームに入るなら入居金あり?なし?
老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
0120-834-818 0120-834-818
受付時間:9:00~18:00
入居金0円プランは得?

そもそも入居金とは?

そもそも入居金とは、入居後の家賃を先に支払っておくというものです。そうすることで、その後毎月の月額利用料の負担を抑えることができます。

「入居金プランは月額利用料が安く、入居金0円プランは月額利用料が高い」ということを覚えておきましょう。

なお入居金には償却期間があり、期間内で日々均等に償却されていきます。

 

例)[入居金1,000万円]、[償却期間5年]の場合

入居金1,000万円÷5年の200万円

つまり年間200万円ずつ償却していくことになります。仮に1年目で解約となった場合は、1,000万円ー200万円=800万円が返金されます。

5年経過した時点で1,000万円は全額償却されますが、月額利用料はその後も安いまま利用可能となります。

 

「初期償却」と「クーリングオフ

「入居時に入居金の30%相当額」といった、初期償却を設ける施設も数多くあります。しかしながら有料老人ホームには90日間のクーリングオフ制度があり、期間内の解約であれば初期償却された分も返金されます。

 

「入居した時点で初期償却されたお金は返ってこない」ということはありません。またクーリングオフが適用される90日という期間は、老人ホームの良し悪し、合う合わないを計るのに十分な期間といえます。

 

 

まとめ

ここまでの内容をまとめると、「長生きすればするほど入居金プランの方が得」ということになります。(居住何年目から得になるのかという分岐点は、施設によって異なります。入居前に確認しておきましょう。)しかし、この先どのくらい長生きするかは誰にもわかりません。だからこそ「入居金プランor入居金0円プラン」の選択で、多くの方が頭を悩ませるのです。

 

しかし当社における入居実績の統計をみると、入居金0円プランを選ばれる方が圧倒的に多数です。では入居金0円プランを選ばれる理由について、実際に多かった事例を上げていきましょう。

入居金0円プランが選ばれる

3つの理由

  • REASON
    01

    特別養護老人ホームへの申し込み

    公的施設である特別養護老人ホームは、民間の施設に比べて費用が安く人気があります。学校に例えると公立と私立といった関係性です。

     

    しかし一方で待機人数が数百名という施設も多く、入居条件も要介護3以上であるため、いつ入居できるか検討がつきません。

     

    有料老人ホームに入居したものの、順番が回ってきたら特別養護老人ホームに移動したいといった場合、多くの方が入居金0円プランを選ばれます。

    介護
  • REASON
    02

    在宅復帰の可能性

    「一時的な体調不良」や「回復の可能性があるケガ」などの場合、在宅復帰を見込んで入居金0円プランを選ばれるケースも多くみられます。

     

    日常生活に必要なケアが付き、バランスのとれた食事が提供される老人ホームの環境は、体調を整えるのに最適といえます。ケガからの回復には、専門スタッフによるリハビリに対応した老人ホームが効果的です。

     

    【関連記事】はこちら▽

    【まとめ】老人ホームのリハビリとは

    介護
  • REASON
    03

    途中解約のリスク回避

    償却期間内での解約は全ての入居者に生じるリスクです。病気やケガなどで入院が必要となった場合や、認知症による暴力行為や自傷行為、医療対応の限界など。

     

    入居後このような症状が予想される方や、高齢の方などは、入居金0円プランを選ばれるケースが多くみられます。逆にお元気で年齢の若い方であれば、入居金プランを選択するのも良いでしょう。

     

    【関連記事】はこちら▽

    別の老人ホームへの転居!事例とリスクの軽減方法

    介護
老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
0120-834-818 0120-834-818
受付時間:9:00~18:00
RELATED

関連記事