解説!老人ホーム選びのポイント 【レビー小体型認知症編】
老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
0120-834-818 0120-834-818
受付時間:9:00~18:00

老人ホームの相談窓口」が                           安心の住まい選びをサポート!

レビー小体型認知症の方が老人ホーム選ぶ際には、幻視症状やパーキンソン症状に対するケアはもちろん、状態に応じて介護・医療・リハビリ体制なども重要になります。

老人ホームの相談窓口では取り扱っている数多くの情報の中から、レビー小体型認知症の方でも安心して生活いただける老人ホームをご案内いたします。

レビー小体型認知症の方はここに注目

ここに注目!

POINT
01

人員配置・介護実績

レビー小体型認知症は認知機能の低下だけでなく幻視症状もしばしば現れる病気です。

「知らない人がいる」など不安や興奮状態になったとき、いかに的確なケアができるかが極めて重要です。介護職員のスキルや、似た症状の方を受け入れてきた実績に注目してみましょう。

 

また介護職員の数が多ければ多いほど手厚く迅速な対応が可能になります。人員配置基準を上回る介護職員を配置していたり、少人数のグループに分けて介護職員も固定するユニットケアを採用している老人ホームなどが望ましいといえます。

 

【老人ホームの人員配置基準】についてはこちら▽

【3:1って何のこと?】老人ホームの人員配置基準とは

老人ホームの介護現場
POINT
02

精神科の訪問診療・夜間の医療対応

老人ホームには通常ドクターの訪問診療が入っていますが、精神科の訪問診療が入っている老人ホームは決して多くありません。

かかりつけの精神科に通院できれば良いですが、身体的もしくは立地の関係などで通院が難しい場合、精神科の訪問診療はレビー小体型認知症の方やそのご家族にとって大きなメリットとなります。

 

またパーキンソン症状の進行に伴う嚥下障害によって、胃ろう痰吸引が必要となった場合、対応できる看護体制が必要となります。

注意していただきたいのは、「介護付き有料老人ホーム」でも一般的には夜間に看護師がいないということです。夜間の痰吸引などが必要またはそのリスクに備えておきたい場合には、24時間看護師が常駐する老人ホームを選ぶ必要があります。

 

【老人ホームの医療体制】についてはこちら▽

24時間看護の有料老人ホーム【3つの安心】

医者と看護師
POINT
03

リハビリ

専門スタッフによるリハビリを提供する老人ホームもあり、パーキンソン症状の進行を遅らせる効果が期待できます。

 

老人ホームでリハビリを提供する代表的な専門職として、歩行障害などの改善を目的とする理学療法士、日常生活動作の向上を目的とする作業療法士、音声や嚥下障害の改善を目的とする言語聴覚士があげられます。必要とするリハビリを提供する老人ホームを選ぶと良いでしょう。

 

【老人ホームのリハビリについてはこちら▽

【まとめ】老人ホームのリハビリとは

リハビリ
老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
0120-834-818 0120-834-818
受付時間:9:00~18:00
RELATED

関連記事