ここが大事!パーキンソン病の方の老人ホーム選び
老人ホームを探すなら今すぐご相談を!   
老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
0120-834-818 0120-834-818
受付時間:9:00~18:00

パーキンソン病の方の老人ホーム選び

パーキンソン病は主に50歳以上で起こる進行性の疾患で、振戦(ふるえる)、固縮(かたい)、寡動・無動(おそい)、姿勢反射障害(ころびやすい)といった症状が現れます。

 

日本ではおよそ1000人に1人、60歳以上ではおよそ100人に1人でがパーキンソン病にかかると考えられております。高齢化が進むにつれて、患者数は更に増加することが予想されています。パーキンソン病は進行性の疾患であるため、介護も徐々に困難となってしまいます。

 

老人ホームの相談窓口ではパーキンソン病による在宅介護の限界から、老人ホームへの入居を希望される方々のご相談を数多くいただいてきました。介護、医療、リハビリなどパーキンソン病の進行状況も考慮して、将来的に安心して生活できる環境であることが重要です。

 

今回はパーキンソン病の方が老人ホームを選ぶ際のポイントについて、当社に所属するシニアアドバイザーが解説をいたします。

 

高齢者の手を握るヘルパー
Check!
このポイントが重要!
パーキンソン病の方が安心して生活できる老人ホームを専門家が解説
Point
1

                                    介護体制

パーキンソン病は運動障害だけでなく、認知症うつ病幻覚妄想などの精神症状を伴う場合もあります。運動症状、非運動症状の双方に対応できる介護体制が必要です。

 

またパーキンソン病は進行性の疾患です。現状自立していても将来的に排泄や食事の介助や認知症ケアが必要となる可能性もあります。「介護付き有料老人ホーム」における人員配置の基準は3:1(入居者3名に対し1名の介護職員)ですが、それを上回る人員配置の施設であれば更に手厚いケアが期待できます。

 

【関連記事】はこちら▽

【3:1って何のこと?】老人ホームの人員配置基準とは

Point
2

                                          医療体制

パーキンソン病の進行に伴う嚥下障害によって、胃ろう痰吸引が必要となった場合、対応できる看護体制が必須となります。

 

注意していただきたいのは、「介護付き有料老人ホーム」でも一般的には夜間看護師がいないということです。夜間の痰吸引などが必要である場合には、24時間看護師が常駐する老人ホームを選ぶ必要があります。

 

【関連記事】はこちら▽

24時間看護の有料老人ホーム【3つの安心】

 

Point
3

                                         リハビリ

専門スタッフによるリハビリを提供する老人ホームもあり、パーキンソン病の進行を遅らせる効果が期待できます。

 

老人ホームでリハビリを提供する代表的な専門職として、歩行障害などの改善を目的とする理学療法士、日常生活動作の向上を目的とする作業療法士、音声や嚥下障害の改善を目的とする言語聴覚士があげられます。必要とするリハビリを提供する老人ホームを選ぶと良いでしょう。

 

【関連記事】はこちら▽

【まとめ】老人ホームのリハビリとは

🖊最後にもうひとつ

一般的に老人ホームの入居条件は介護認定を受けている65歳以上の方ですが、パーキンソン病特定疾患に含まれているため、介護認定を受けていれば40歳以上~65歳未満の方でも入居できる施設があります。

「若いから老人ホームには入れない・・・」ということはありません。ご家族の介護に関するお悩みやお困り事があれば、お気軽にご相談ください。

 

《参考文献》

パーキンソン症候群について | メディカルノート

パーキンソン病という病気について パーキンソンスマイル.net

老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
0120-834-818 0120-834-818
受付時間:9:00~18:00