【まとめ】老人ホームのリハビリとは
各種介護施設のリハビリについて解説!
老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
0120-834-818 0120-834-818
受付時間:9:00~18:00

【図解】老人ホームのリハビリ

種類別にリハビリ内容をチェック!

 

介護老人福祉施設

概要

介護・看護を提供する公的施設

在宅復帰を目的とした施設であるため、入居期間は原則3~6ヶ月間

入居条件

65歳以上の要介護者

入居時費用 不要
月額費用

7~30万円

リハビリ内容

理学療法士作業療法士といった専門スタッフが常駐。

リハビリ目的   ※在宅復帰

※「介護老人保健施設」が掲げる在宅復帰の「在宅」には、「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅」といった民間施設も含まれます。

 

介護付き有料老人ホーム

概要

特定施設入居者生活介護」の指定を受けた高齢者施設。介護・看護スタッフケアマネージャーなどの配置が義務付けられており、日常生活に必要な介護サービスを受けることができる。

入居条件

概ね65歳以上、自立~

入居時費用

0~数千万円

月額費用

25~40万円

リハビリ内容

生活リハビリが中心。理学療法士作業療法士といった専門スタッフが常駐する施設もある。

リハビリ目的 機能維持

介護付き有料老人ホームについて】もっと詳しく▽

5分でわかる!介護付き有料老人ホーム

 

住宅型有料老人ホーム

概要

見守り、や日常支援サービスを提供するホーム。介護が必要となった場合、外部の在宅サービス事業所と契約し、そこのスタッフによる介護サービスを受けながらホームで生活をする。

入居条件

概ね65歳以上、自立~

入居時費用

0~数千万円

月額費用

25~40万円

リハビリ内容

介護保険を利用して訪問リハビリや、通所リハビリなどの外部サービスを利用。

リハビリ目的

機能維持

住宅型有料老人ホームについて】もっと詳しく▽

住宅型有料老人ホームが選ばれる3つのポイント

 

サービス付き高齢者向け住宅

概要

「安否確認」と「生活相談」が義務付けられたバリアフリー対応の賃貸住宅。食事提供や介護サービスに関しては、外部の事業所と個別に契約を結ぶ必要がある。

入居条件

自立~

入居時費用

敷金

月額費用

20万円前後

リハビリ内容

介護保険を利用して訪問リハビリや、通所リハビリなどの外部サービスを利用。

リハビリ目的 機能維持

サービス付き高齢者向け住宅について】もっと詳しく▽

【簡単説明】サービス付き高齢者向け住宅について

 

まとめ

リハビリを始める前に

 

リハビリの目的を考える


何を目標にリハビリを行うのかを整理しましょう。

病気やケガによる機能低下の回復、加齢による機能低下の予防など、目的によってリハビリの内容も変わります。

 

 

本人にリハビリ意欲はある?


本人にリハビリの意欲や回復の余地がある場合リハビリに対応した施設が有効となりますが、意欲がない場合、どれだけリハビリ体制の充実した施設に入居したとしても、逆に負担となってしまう可能性があります。周りの家族が「もっとリハビリを頑張って元気になってほしい!」と思っていても本人にその意思があるかどうかが重要です。

 

 

生活リハビリも大事


出来ることを日々自立して行うことが一番のリハビリになります。着替えやお手洗い、食堂への移動など少し時間がかかったとしても、見守ってもらえる施設を選ぶことも重要です。

 

老人ホームを探すなら今すぐご相談を!
0120-834-818 0120-834-818
受付時間:9:00~18:00
RELATED

関連記事